K-Lab. | Urban Planning Lab. |




個人データ


小林 祐司(Yuji KOBAYASHI) / 准教授 / 博士(工学)

TEL:097-554-7924(直通)

※次年度改組され,「理工学部 創生工学科 建築学コース」になります※

都市計画を主な研究分野とし,GISなどのコンピュータ技術を活用した土地利用,緑地環境,都市空間構造に関する調査・分析を行ってきました。近年は,地域における防災性能評価,学校(児童)から家庭,地域へ波及させるための防災教育や防災・減災活動を支援しています。

専門分野
都市計画/地域計画/都市解析/緑地環境評価/都市防災/防災・減災/防災教育
Keywords
都市計画,地域計画,都市解析,土地利用計画,防災,減災,防災教育,災害図上演習(DIG)[Home-DIG・School-DIG・Machi-DIG],総合計画,都市環境評価,緑地,地理情報システム(GIS),リモートセンシング,生活環境評価,テキストマイニング 

所属学会 
日本建築学会 日本都市計画学会 地理情報システム学会 地域安全学会 日本災害情報学会 環境情報科学センター(CEIS)

略歴
1996.3 大分大学工学部建設工学科卒業
1998.3 大分大学大学院工学研究科博士前期課程修了
1998.4 大分大学助手工学部
2002.9 博士(工学)取得
2005.8 大分大学講師工学部
2006.8 大分大学助教授工学部
2007.4 大分大学准教授工学部
現在に至る

社会的活動
大分県防災教育アドバイザー(大分県教育庁,H27.4〜),大分県都市計画審議会委員,大分県国土強靭化地域計画有識者会議委員,大分県防災教育推進委員会委員長,大分市都市計画審議会委員,大分市国土強靭化地域計画検討委員会委員,大分市建築審査会委員 他
(参考:元・大分県防災アドバイザー・・・H24.4〜H28.6まで)



★防災・減災に関する調査・教育・研究

主な調査・教育・研究内容はこちら → 防災・減災に関する調査・教育・研究
   講演・活動支援等実績一覧はこちら → 防災・減災に関する講演・活動支援等実績



自分の住んでいる場所の高さを知るサイト<大分県沿岸部浸水域想定図>


25000分の1ベースの地図(基盤地図情報10mメッシュ(標高))を利用しているため精度が若干落ちますが,参考程度にご覧ください。東南海・南海地震において,津波襲来の恐れがある県南部(佐伯市,津久見市,臼杵市)を中心にデータ整備を行いました。
標高1m間隔で50mまでの浸水域マップ(画像)(※左の画像)と,標高5m間隔でのポリゴンでの表示(※右の画像)の2種類があり,いずれもGoogle Maps上で表示されるようになっています。


       この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報を使用した。
        (承認番号 平23情使、 第86号)